熱海の歴史、昔話『あたみのまんなか』

熱海アーカイブス、熱海の歴史(熱海歴史館・昔話)

熱海市の誕生

【時代】:昭和12年

【場所】:熱海市

『熱海市の誕生』市制施行当日の朝日新聞の号外

『熱海市の誕生』市制施行当日の朝日新聞の号外

昭和12年(1937年)4月10日午前0時、熱海市誕生の合図知らせる花火が打ち上げられました。

朝の空高く「祝熱海市制」と書かれたアドバルーンが浮かび、桜の咲きほこる街中に日の丸がはためき、伊豆山神社では市制奉告祭がおごそこかに行われました。

昭和9年(1934年)に熱海町長となった坂本藤八は、丹那トンネル開通によってもたらされた経済的発展を基に、温泉観光都市建設を目指して熱海に市制を布くための準備を始めます。

「熱海町報」の発刊・町内会の区制化・町有温泉の確立など、町から市への移行を着々と進め、県側も熱海町と多賀村・網代町を含めた地域に市制が実現する方向で指導を開始しました。

昭和12年(1937年)1月3日午前0時、市制施行のための調査が行われ、熱海町の人口は2万6,961人(旅館滞在客7,225人、別荘滞在客1,268人)、多賀村は4,195人、網代町3,607人と発表。

熱海に宿泊客が最も多い正月を選んで調査が行われたのは、市制施行に必要な「人口3万人」という条件に、「定住」という規定がなかったからだそうです。これによって、合併に賛意を示していない網代を含まなくても、熱海と多賀の2町村で市制施行が可能となりました。

しかし、区有財産の町への移管問題をきっかけに、市制施行反対運動が起こり熱海町を二分する紛争に発展。多賀村でも同様に反対運動が起きました。そのため、熱海尋常高等小学校で町・区会議員・区長など200余人を集めて大協議会が開かれ、坂本町長と反対派区議の切迫した対決があったり、促進派と反対派がそれぞれ県や国(内務省)に陳情合戦を繰り返したりすることとなりました。最終的には、4月1日の熱海町議会で出席議員12名(欠員7名、5名欠席)の賛成によって市制施行は可決され、多賀村議会でもほぼ同時に可決されたそうです。

しかし、6月の市議会議員選挙では、元反対派の議員が多数当選し、その代表として樋口修次が初代熱海市長に選出され、新生熱海の舵取りをするようになりました。


町名「友楽町」の由来

【時代】:昭和33年

【場所】:熱海市

1873年(明治6年)芸娼妓解放令が出され、 (娼婦が自由意志で営業しているというたてまえ)だが、 その頃から糸川周辺に娼婦館が出来て来たと推測しますが、 その後1946年(昭和21年)GHQの指令により昔の遊郭は廃止され赤線という 特区に看板を変える(当局に依り赤エンピツで地図上に囲まれた特別区域)。

当時の糸川町の子供達も小学校に行くわけですが、子供達にとっては親の職業(遊郭営業)は 恰好の「いじめ」や「かげぐち」の標的になり、糸川の子供達は随分とつらい思いをしてしまいましたが 当時の糸川の子供達はそれらに立ち向かって勉強とか体力に力を入れて戦い頑張っていました。 1958年(昭和33年)売春防止法の施行により、 遊郭は消滅する事になるわけです。

営業廃止が決まり、ほとんどが飲食関係の店舗に転業したわけですが、 子供達の中から、この際に「いじめ」の標的の代名詞「糸川町」の名を変更する様にとの 声が上がりました。そして誰もが仲良く楽しくなれる町「友楽町」の誕生となったわけです。

どうか皆さんもこの友楽町に来て大いに楽しんで下さい。


熱海の温泉はいつごろから知られていたか

【時代】:-

【場所】:熱海市

大湯間けつ泉

大湯間けつ泉

熱海といえば昔から温泉の代名詞のようにいわれているが、ここに温泉があると認知されたのはいったい、何時のことでしょうか。

温泉とひと言で言っても、そこには火山性の温泉と非火山性の温泉があることはよく知られていることです。

熱海はもちろん火山性の温泉で、熱海だけではなく伊豆半島の温泉は、『湯ヶ島層群』と呼ばれる新第三紀中新世の地層中の割れ目に溜まった熱水が、地表に流れ出たものとされています。

1温泉地あたりの温泉の湧出量は、毎分4万リットル程度が上限とされていますが、熱海の温泉の湧出量は毎分1万6000リットルあまりで、草津、別府、箱根に次ぐ湧出量です。

新第三紀中新世とされる湯ヶ島層群は、2,500万年から1,500万年前ころにできたと考えられており、温泉はそのころの地盤割れ目に溜まった熱水と呼ばれるものです。簡単には想像できない古さですが、もちろん熱水が形成されたころは人類ははまだ出現していませんでした。

熱海の温泉については、鎌倉時代の弘安7年(1284年)に、日興が日保に熱海湯治をすすめたという記録が一番古いとされています。

しかし、1491年に熱海の海底から熱湯が湧き出して、多くの魚介類が死んだという伝承が残されておりますし、『走り湯』が湯の流れでる様子を表しているとすれば、実際に利用したか否かはさておいても、湯が流れ出ている状態は理解されていたと思われます。

古墳時代の後半期には、熱海の中心地区に水口町遺跡が営まれているので、そこに住まいする人々は、案外温泉を承知していて、うまく活用していたとも考えられます。さらに想像を豊かにすれば、水口町遺跡の住人は温泉に関わる権利をうまく行使していて、それが元手となって、さぞ高価であったろうと思われる美濃産の緑釉長頚壷を入手できたのではないでしょうか。


『金色夜叉』と熱海の観光

【時代】:明治30年〜明治36年

【場所】:熱海市東海岸町サンビーチ近く

金色夜叉

金色夜叉

熱海温泉を全国津々浦々にまで知らしめたものは、何といっても『金色夜叉』です。

その小説にちなむお宮の松と、「熱海の海岸を散歩する・・・・・・」で始まる歌謡が三位一体となって爆発的に流布し、「貫一・お宮」は、あたかも実在の人物のように国民の心をとらえて離さない存在までになっていきました。

尾崎紅葉

尾崎紅葉が初めて熱海を訪れたのは、彼がまだ学生の時であり、学生服にわらじ履きといういでたちでした。

(右:尾崎紅葉の写真)


『金色夜叉』は、明治30年1月から没年の明治36年まで「読売新聞」、「新小説」に断続的に掲載されたもので、高等中学生間貫一が、許婚のお宮を資産家の富山唯継に奪われ、高利貸しの鬼となるストーリーでしたが、ことに熱海の海岸での別れの場面は有名で、超ベストセラーとなりました。

大正年間になり、自動車に乗っていた女性が「お宮さんが蹴られたのはどこかしら」とつぶやくのを耳にした富士屋自動車の神保弥三郎は、金色夜叉の碑の建設を宣言し、大正8年8月15日に実現しました。

建設費用の半分は碑の近くに別荘を所有していた「煙草王」村井吉兵衛が、残りの半分は地元の有志が分担しましたが、海岸を管理していた県が「架空の小説の石碑などもってのほか」としたのを、碑の上部に「尾崎紅葉山人紀念」の文字を入れることで妥協がなされたとのエピソードが残っています。

傍らに立つ「お宮の松」(古くは「羽衣の松」と言った)とともに熱海の新名所になりました。しかし、松は樹齢300年を越え、寄る年波には勝てず立ち枯れとなり、昭和41年11月17日に2代目の松に植え替えらたのです。

貫一・お宮の銅像

宮島郁芳・後藤紫雲共作の艶歌「熱海の海岸散歩する」も、ヴァイオリン一丁で東海道を流して掛川までやって来た艶歌師・宮島郁芳が、長雨にたたられ、歌本も売れないか、勝手にしろとばかり木賃宿で一気に書き上げたところ、爆発的に売れたという逸話を残しています。

その後、昭和61年1月17日、熱海ロータリークラブが「貫一・お宮」の銅像(館野弘青作)を建立しました。

(右:貫一・お宮の銅像)